menu menu2
NEWS新着情報

ご予約・お問い合わせ

03-6795-6184

03-6795-6184

2017/05/30

『運転資金の調達タイミング』

運転資金の調達は、資金が不足しそうだと感じてから動く経営者様が圧倒的に多いようです。確実に調達できる保証があれば、足りなくなってから動いても問題はないでしょう。しかし、もし調達ができなかった場合は、リカバリーする猶予がなく、たちまち窮地に追い込まれてしまいます。資金調達は余裕を持って行うのが大原則です。

 

 

経常運転資金とは、文字通り経常的に必要な資金です。仮に1,000万円の資金が経常的に不足する事業を運営しているのであれば、常に1,000万円以上の借入残高を維持しなくてはなりません。約定返済の分だけ借入が減少することは事前に分かっていることです。運転資金の調達は、資金が不足するのを待ってから行うのではなく、ルーティン業務として定期的に行うものであるとご認識ください。

 

 

では、運転資金の調達はどれぐらいの頻度で行うのが良いのでしょうか。

 

 

運転資金の調達は、毎年、決算書ができあがってからすぐに行うことをおすすめします。理由は、金融機関は決算書で融資判断を行いますので、翌年の決算書ができあがるまでの間であれば、すぐに申し込んでも、半年後に申し込んでも、10か月後に申し込んでも、借入可能な金額に大きな違いはないためです。

 

 

決算単位で借入可能な金額が決まっているのであれば、決算が出てからすぐに調達に動いた方が今後の計画は立てやすくなります。今回の決算での調達可能額が3,000万円だと分かれば、3,000万円を有効活用する計画を立てられますし、逆に今回の決算では融資を受けるのは難しいと分かば、早期に対策を講じることができます。

 

 

運転資金の調達の仕方は簡単です。決算書ができあがったらすぐに銀行を訪問し、「既存の借入の巻き直し、もしくは新たな融資のご提案をお願いします。」と依頼して回るだけです。融資を受けられる決算内容であれば、各金融機関が積極的に提案をしてくれます。決算書ができたばかりですので「試算表を提出してください。」とも言われません。

 

 

経営者様の中には、資金が不足していなければ金融機関に融資を検討してもらえないと勘違いしている方もいらっしゃいますが、決してそうではありません。資金繰りに困っていなくても、決算内容を見て新たな融資を検討してくれます。

 

 

3月決算を終えたばかりの企業様も多いことと思います。早速運転資金の調達に動かれてはいかがでしょうか。

戻る

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top