menu menu2
MEMBER社員紹介
  • 小川 健太

    代表者プロフィール

    小川 健太

    税理士と聞くとお堅いイメージがあるかもしれません。
    プロフィールをご覧になっていただければお分かりかと思いますが、私も決して順風満帆に税理士となったわけではありません。
    大きな挫折を味わい、それを糧に平成27年11月、税理士として開業することができました。

    私は挫折を知っている者は強いと思います。挫折をして、這い上がった経験があるからこそ分かる気持ちがあり、そして面白い人間になれたと思います!
    ただ、経営において挫折は時として命取りとなることがあります。
    私で力になれることがあれば全力でサポートさせてください。

    あなたの会社をサポートさせていただける日が来ることを心から願っております。

  • キャリア

    東京税理士会 荻窪支部 登録番号131342号


    柔道と自転車の2種目でプロスポーツ選手への道を断たれ、人生の挫折を味わいました。
    人生を変えたくて、必死で勉強し税理士へ。
    大手税理士法人に就職し、会計・税務の基礎を身に付けましたが、もっと広く社会の仕組みを学ぼうと、一般企業へ転職。
    営業の仕事を通じて、税理士業もサービス業であることを再確認でき、再び会計事務所へ転職。税理士試験にも合格し、2015年に小川健太税理士事務所を開業いたしました。

  • 略歴

    1984年
    0歳 東京都杉並区にて生まれる。生まれた日が大雪で、父が「雪之上(ゆきのじょう)」と命名しようとしたが、母が猛反対し「健太」となる。
    1996年
    12歳 初めての受験で見事志望校に合格。早稲田実業学校中等部に入学。強い男に憧れて柔道部に入部する。
    1999年
    15歳 中高一貫であるため、そのまま高校に進学。勉強はほとんどせず、部活三昧の生活を送る。
    2002年
    18歳 柔道では都大会でベスト8止まり。ここで人生最大の転機を迎える。プロスポーツ選手に強い憧れがあったことから大学進学をしないで競輪選手を目指すことにする。母親は泣く。
    2005年
    21歳 人との出会いには恵まれて、自転車のオリンピック選手などと毎日練習はさせてもらうも、22歳の時にプロを目指すことを断念。母親は泣く。
    2006年
    22歳 人生初の挫折で途方に暮れる。このままではマズイと思い、何か資格を取ることに。そして税理士という職業を知り、早速専門学校に行き簿記から勉強することに。簿記一級は三カ月で取得。
    2007年
    23歳 大手税理士法人に就職。会計・税務のイロハを教わる。
    2008年
    24歳 社会人経験1年目の新人が「先生」と呼ばれることに疑問を持ち、もっとお客様とのコミュニケーションを大事にしたいと感じ、一般企業の営業職(自動車の販売)に転職。
    2011年
    26歳 営業経験を積み、やはり税理士業もサービス業であることを再確認できた。そして、もう一度会計事務所に転職する。この年に税理士試験に合格することができた。
    2015年
    31歳 2015年に結婚、そして小川健太税理士事務所を開業。現在に至る。

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top